ひろば

おもちつきをしました

 12月22日(金)、もうすぐ2学期末で年の暮れを迎える頃、慈光幼稚園ではお餅つきを行いました。

 

1   2

 朝から庭にかまどができ、子どもたちは興味津々。「こうやってお湯を沸かして、もち米を蒸かすんだよ。」小林先生とバスの元島先生が火の番をしてくれました。蒸し上がったお米の状態を園長先生が見せて下さいました。

 

 

 

3   4

 杵を振り上げてついて下さるのは、小林先生・元島先生・麦島先生の男性陣。手返しするのは各担任。子どもたちの「がんばれーっ!」の応援もたくさんありました。「そーれっ!」「よいしょっ!!」のかけ声と同時に、子どもたちもつく真似をしてお餅つきを楽しんでいました。

 

5    6

 お餅は全部で6臼つきました。1.2臼は年中さんとたんぽぽさん・つくしさんが見ました。3.4臼目は年少さんといちご・ちゅーりっぷさん、そして地域の方々が見ました。最後の5.6臼目は年長さんがしっかり応援しながら見ていました。

 

 

 

7   8

 「すごーいっ!!!」こんなに伸びるお餅がつけました。「おいしそう。」「早く食べたいなー」子どもたちは口々に楽しみにしている気持ちを言葉に出していました。

 一足先に地域の方が職員室でお餅を召し上がって下さいました。いつもお世話になっています。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   12

 子どもたちもつきたてのお餅を給食にいただきました。あんこときなことゴマの3色餅です。小さな未満児さん達はお餅が詰まると危険なので「おはぎ」でしたが、もちつきを楽しみ、もぐもぐとしっかりと食べられたようです。